お茶のある「ゆるやかな時間」ラボ テーマ

WABI・SABI

情報過多の時代に情報のWABI・SABIを探求する。 

1899のお茶にルールはありません。

ただ、日常の喧騒にゆるやかな時間を求める、

マイ(セルフ)ルールがあるだけです。

隙間がなければ、新しいことも入って来ません。

心に隙間を作ることの比喩として

良いお茶のある時間を表現しています。

当ラボでは、日常の喧騒の中における

心の隙間の作り方を研究テーマとしています。

研究テーマと言っても、

哲学的なアプローチも、

科学的なアプローチも一切ありません。

情報過多の時代に、情報のWABI・SABIを探求する。

素朴な自分を礼賛する、素朴な人間関係を憧憬する、

ちょっぴり幸せを感じたり、他愛もないことを愉しんだり、

それをお裾分けしたり、共感して勇気を貰ったり、

乗り越える壁をちょっと迂回したり、逃避したり、

一服のお茶のような話を徒然にする、

寧ろ心の平穏?の為に書く、共感する、そんなラボです