栗グリーンティー…?!

2018年10月15日

KONcierge 

先日買い物をしに無印良品に行った時の話です。

無印良品といえば、家具から日用品、更には食品まで

幅広く且つ膨大な量の商品を取り扱っている

株式会社良品計画のメイン店舗ですよね。

自分で言うのもなんですが、僕はかなりのムジラー(無印が大好きな人)

だと自負しています。(笑)

家にある家具の半分以上は無印のものだし、

毎年カタログは必ず手に入れ、どの商品がなくなったり

修正が加えられていたり、また新しいジャンルの商品が

出ていないか等、随時確認しているレベルです。(笑)

そんな僕が先日無印に行った時目にとまったのがこれです。



「栗グリーンティー」です。


最初見たときに思ったのは、

「無印もとうとうブレンド緑茶の種類をここまで広げてきたか」

でした。

次に思ったのは、

「このままだとウチの店、やばいんじゃないか...?」

でした。(笑)

以前から無印で緑茶を取り扱っていたり、

ハーブティーなどで色んな種類のブレンドティーを

出しているのは知っていましたが、

これほど種類が増え、且つ珍しいブレンドを始めたのは

2018年になってからです。

無印良品は流行や人々の趣味思考を敏感に察知し

商品に改良を加えたり開発をしていく企業なので、

やはり最近の緑茶ブームはすごいのだと言えます。

それと同時に、緑茶の持つ色々な組み合わせの

バリエーションの可能性について改めて感動させられました。

このバリエーションの多さは白米レベルなんじゃないかと。(笑)

そしてこの「栗グリーンティー」、普通に美味しいです。

これから秋ということもあり、シーズン感も狙った

無印らしい商品だと自称ムジラーの僕が自信を持ってオススメできます。(笑)

ただ唯一言うことがあるとすれば、口コミにもありますが

栗が本物のドライしたものではなく、香料という点です。

ここに関しては1899のお茶は香料ではなく本物のドライフルーツを

使っているので、

無印やその他のティーバッグ商品よりも優れている点ですね。

もちろん値段では無印の方が断然お安いのですが...

この他にも、柚子グリーンティーやジンジャーグリーンティー、

ルイボスグリーンティーなど、無印では全8種類のブレンド緑茶を

展開しており、

ハーブティーや粉末のお茶などを合わせると、

お茶だけで商品数は50種類を超えます。

これから毎シーズン新しいブレンドを出していくのでしょうか。

春なんか普通に思いつく「桜グリーンティー」とかではなく、

「そうきたか~!」と思うような商品を開発してくれると面白いですね。

皆さんも是非お買い物ついでに無印に寄って、

これらのブレンドティーを試してみてくださいね。

KONcierge

P.S.

無印はまだ「食べる」お茶に手を出していません。

「茶葉が香る茶飯の栗ごはん」とかすごく美味しそうじゃありませんか?

今度料理長に打診してみようかな...

【参考URL】

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002854164?searchno=26&sectionCode=S300041102#&gid=1&pid=2